石狩のワシとタカ

おもに札幌近郊と石狩川流域の猛禽類の生態を探求します。

3歳の精悍な若ワシが大活躍

正午にモエレ沼の狩場に着くと、今日は2羽の水鳥が遊んでいました。雄のカワアイサと雄のミコアイサが、まるでシンクロナイズド・ダンスをしているようです。 20分後、狩場の上空を綺麗なオジロワシの成鳥が通過しました。 さらに20分後の12時45分、見た目は…

モエレ沼の狩場にミコアイサとオジロワシ

モエレ沼の水面が広がり、水鳥が戻ってきました。先日の、カワアイサの捕食を思い出すと、何か起こりそうですが、その気配は全くありません。 午前10時半、私が狩場に着いたとき、雄のミコアイサが1羽いました。潜水して浮き上がるミコアイサを数回撮影し、…

石狩で営巣するオジロワシのペアを確認

石狩の防風林で営巣しているオジロワシのペアを、ようやく確認しました。雄の眼に特徴的な濃いシャドーが見られることから、今年も昨年と同じペアと判明しました。 モエレ沼で交尾が確認されているペアや、石狩河口のペアとは別のペアです。 www.youtube.com…

ロック&ホッブズ

昨日、石狩図書館の新刊書や図書館員の推薦本が並ぶコーナーに、「ロック&ホッブズ……」と背表紙に書かれた本を見つけました。 私は、今、哲学と宗教の関係を調べています。「リバイアサン」のホッブズが宗教と戦っていたのは、昔から知っていましたが、逆に…

米比協定を破棄する比大統領は不合理か

産経新聞は、2月17日、「ドゥテルテ氏 米比協定破棄は間違いだ」という主張(社説)を掲載しています。 ドゥテルテ大統領は、フィリピンでの米軍の法的地位を定めた「訪問米軍地位協定」の破棄を米側に通告した、というのです。 中国によって南シナ海の軍事…

七草の歌は古代日本人の知恵か

七草の歌は、旧正月(春節)の7日目に、七草がゆを準備するとき、包丁でまな板をトントンしながら、歌い継がれてきた歌です。まさに今の時季、歌われていた歌なのです。 七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン 日本列島に住み着いた日本…

巣を補修する石狩のオジロワシ

1月7日以来、本当に久しぶりに、巣を補修するオジロワシに出会いました。1月7日は雌1羽でしたが、今日は2羽いました。 刺激しないように、遠くから、また、車の中から双眼鏡で見ただけなので、昨年と同じ雄かどうかは、依然として未確認のままです。 巣の補…

狩場におけるワシ、キツネ、カラスの動物模様

昨日(2月14日)の午前11時10分。ようやく狩場に雄のオジロワシが現れました。カラスは狩りをせかしますが、キツネがうろうろしているので、なかなか踏ん切りがつかない様子です。 飛び立つかもしれないと、フライングで撮影した動画を、家のテレビで再生し…

カラスとダイサギの魚捕り

午前9時半、モエレ沼の狩場に着きましたが、残念ながら、陽射しには恵まれませんでした。 狩場にいたのはカラスだけで、オジロワシはなかなか現れません。30分近くたって、カラスが氷の上で、熱心に、何かしていることに気付きました。 氷を割って、氷の下か…

モエレ沼の女帝がカワアイサを狩る

モエレ沼の狩場に着いたとき、そこには「鳥おっさん」ご夫妻と、奥様のお友達がいて、水門のブッシュに止また女帝が、いつ水面に飛び込むか、今や遅しと待ち構えていました。 三脚にカメラをセットして15分くらいたったでしょうか。時刻は、丁度、正午に差し…

寒波を乗り越えたオジロワシ

久しぶりに暖かさが戻った今日、ワシ見にするか、スキーにするかで迷いましたが、撮影条件は明日の方が良さそうなので、今日はスキーを選択しました。 モエレのスキーは、今シーズン10回目です。1周3キロのコースを3周し、汗ビショビショになりました。 家に…

ノルウェーのオジロワシ、昨年との比較

昨日の、ノルウェーのオジロワシの様子です。 www.youtube.com 1羽の若鳥が巣の近くをかすめ飛んだだけですが、これで今年に入って、ようやく5本目の映像です。男爵はどうした、と皆心配しています。 昨年は、2月7日の時点で、20本の映像を見ることができま…

アイオワ州の今の気候は札幌のひと月先

下の動画の最初の部分を見ると、巣の近くにある溜池に氷はなく、多くの水鳥が遊んでいます。これをモエレ沼に当てはめると、3月下旬の風景です。 www.youtube.com もう10日もすると、アイオワ州の白頭ワシは産卵しますが、石狩のオジロワシは、そのさらにひ…

オジロワシはオジロワシでも

今日の石狩の最低気温は-17℃、日中でも-10℃を切る寒さでした。石狩川は全面氷結し、河口でも釣り糸を垂れる水面はなく、桟橋には一人の釣り人もいませんでした。 そんな中、石狩浜で波乗りをする珍しい動物に出会いました。動画を撮ってYouTubeにアップしよ…

祈祷はゴータマ・ブッダが最も嫌ったこと

「願いを叶える本物の祈りとは何か 宇宙と溶け合う祈り方、弘法大師空海が求めたもの」 というタイトルの記事が、JBpress誌に載っています。著者は、池口恵観という密教の僧侶のようです。 jbpress.ismedia.jp 祈りで何でも叶うなら、この世に不幸などありま…

川マスの皮はそんなに丈夫?

2代目雄親のDM2が運んできた川マスを、20歳近いMomが巣の中で食べる最新映像です。 www.youtube.com 映像を見ていて気になったことがあります。それは、Momがマスの皮を引きちぎるのに、大変苦労をしていることです。サケの皮は、乾燥すると靴として使えるほ…

映画「Lucky」を見て

今日の映画は、意識して選択しました。映画のポスターの顔が、まぎれもなく「パリ、テキサス」のあの人だったからです。 娘には、昨日は80歳で、今日は90歳か、とあきれられました。 あの綺麗な、ナスターシャ・キンスキーは出てきませんが、彼の映画なら間…

映画「ロング・トレイル」を見て

アマゾン・プライムの映画案内を見ていて、ふと気になった「ロング・トレイル」をすぐに視聴しました。 予感は的中し、ロング・トレイルとは、アパラチアン・トレイルのことでした。期待はいやが上にも高まります。 しかし、その期待は、ものの見事に裏切ら…

巣でカモを食べるMom

巣で餌を食べる白頭ワシの映像が届きました。今、民主党の大統領候者補選びが白熱しているアイオワ州からの最新映像です。 www.youtube.com この時期、巣の中に雌雄の白頭ワシが揃っている場合、餌を食べられるのは、産卵を控えた雌だけです。 雌のMomが旨そ…

アイオワ州の白頭ワシは気が早い

早くも民主党の候補者選びが始まっているアイオワ州では、2月20日前後に、白頭ワシの産卵が始まります。なにしろ石狩やノルウェーのオジロワシより、ひと月早いのです。 今日も、MomとDM2と呼ばれる白頭ワシのつがいが、熱心に巣の補修をしている映像が届き…

手をよく洗いなさい、の真意

インフルエンザやコロナウイルスから身を守る、最も肝心なことは、マスクでも、うがいでもなく、手をよく洗うこと、と言われます。しかし、「手を洗うこと」には、実は、日本人の大部分が理解していない、極めて重要な意味が隠されているのです。 コロナウイ…

吟醸香とケラチン

家族が集まったお正月に、奮発して大吟醸酒を数本続けて飲んだため、大吟醸酒の香り、「吟醸香」にはまっています。 日本酒にうるさい「鳥おっさん」には何と言われるか分かりませんが、これは私の個人的な独断と偏見です。 もう10年くらい前のことですが、…

ヨーグルト歯磨き

昨年の11月28日に、自家製のヨーグルトを使って1日3回歯磨きをしている、と書きました。タイトルは、「自己流アバンビーズ」です。 書いた時点でほぼ2カ月経過していたので、ヨーグルト歯磨きは、現在、4カ月継続中となります。悪臭を放つ口内細菌叢が、すっ…

石狩河口で見た仲の良いワシのカップル

昼頃、石狩河口に着くと、雪をかぶった山々が輝いていました。 波一つない川で、ウミアイサの雄が盛んに潜水を繰り返しています。流木に止まった1羽のオジロワシが、それを見ています。先日の、雌ワシのようです。 www.youtube.com 車で河口橋を渡り、当別側…

モエレ沼と防風林にワシの姿なし

今年の1月は、生まれて初めて経験する、本物の暖冬です。10年以上前の正月に暖かい雨が降って、地球温暖化かな、と思ったことはあります。しかし、その冬が暖冬だったという記憶はありません。 実は、これまでの人生で、私は暖冬を実感したことがありません…

オジロワシのカップルとカワアイサ

昨日の石狩河口の様子です。 当別側の流木に2羽のオジロワシが止まっています。右上の黒っぽく見える方の素嚢がかなり膨らんでいて、しっかり食餌をした後のようです。 左下のワシは、頭から胸まで御高祖頭巾をかぶったように白っぽく、年上のようです。その…

日没後に巣を補修する白頭ワシ

昨日のブログで、石狩のオジロワシが夜間、巣を補修している可能性について言及しました。 今日、アイオワ州の白頭ワシが、午後5時20分に大きな枝を運び、巣を補修する映像が届きました。現在、札幌の午後5時は暗闇ですが、巣のある場所の緯度は札幌と同じで…

オジロワシの夫婦愛

石狩のオジロワシが、今年も営巣してくれるかどうか、まだわかりません。1月7日に巣の近くで雌のオジロワシを確認して以来、時刻や気象条件を変えて何度か見に行っていますが、まだ雌にも雄にも遭遇していません。 ノルウェーのオジロワシも、アイオワ州の白…

豊平川の河口はワシの狩場に戻った

ワシたちにとって、冬の貴重な狩場である豊平川の河口が、防災工事のため、危機に瀕していることを、1月11日のYouTubeと、このブログに書きました。 きのうの日曜日、その後の様子を見に、豊平河口に行ってきました。 前回、中沼墓地の前の道路は、車で通れ…

モエレ沼のオジロワシとエナガ

快晴の日曜日、モエレ沼にやってきました。実は、私の本命は、「オジロワシとスノーモービル」でした。残念ながら、スノーモービルの出動はなく、シマエナガが可愛い代役を演じてくれました。 もちろん、オジロワシの観察者として、スノーモービルがモエレ沼…